歴史都市プネー、スケッチの魅力

プネー は、インド西部マハラシュトラ州にある歴史ある広大な都市である。かつて1674年から1818年まで続いたマラーター帝国のペシュワ(宰相)たちの拠点であった。プネーには、教育、芸術、工芸が重視される土着のマラーティー文化と気風が息づいている。

プネーにスケッチに行くのを何年も待っていた。スケッチフェストのためにプネーの古い歴史的建造物が私を歓迎してくれた。その後、スケッチウォークに行くことが決まると、すぐに準備をした。


スケッチの最初の場所は シャニワール・ワダ シャニワール・ワダは、ペシュワ家の13階建ての宮殿である。 バジロ-I 1736年のことである。ペシュワ族の本拠地であり、プネーの文化の象徴でもある。正面玄関は、'デリー・ダルワザを筆ペンでスケッチした。新しいドキュメント 01-27-2024 15 (2).jpg

スケッチが終わった後、みんなでシャニワルダを探検した。


翌日、私たちは ボーリ・アリプネーで最も人気のある市場のひとつである。プネーとの国境に位置する サンデーペー、ブドワールペー そして 金曜日のペス

そこにある3階建ての古い建物が私の目を引いた。木工細工の窓と古い彫刻が魅力の主な理由だ。このスケッチは筆ペンを使って線だけで仕上げた。スケッチが終わるとすぐに、私は好奇心を持って古い建物を眺めた。新しいドキュメント 01-27-2024 15 (1).jpg


昼食後、スケッチフェスタの会場に向かう途中、ある素敵な場所を見かけた。 ナナ・ペス スケッチ用。ナナ・ペスの名前は、その名の由来である。 ナナ・ファダンヴィス この地域は、病院、寺院、そして通りの中心に位置するダルガで有名である。

新しいドキュメント 01-27-2024 15.jpg

ののののれていた場所だ。 陽射しに対して.だから私は彼がとても気に入った。ここでも筆ペンを使って素早くスケッチした。このスケッチを描くのはとても楽しかった。


それから、このスケッチ・フェスティバルに参加したすべてのアーティストたちと、どうやって2日間が過ぎたのかわからない。これらの美しいスケッチを携えて、私は以下の美しい思い出とともにムンバイへと旅立った。 ったな。


マニッシュ・ガワデ インド空軍、ムンバイ、インドで働き、アウトドアで10年の経験を持つ。 その場でスケッチ。

 

著者名
マニッシュ・ガワデ 、ムンバイ 、インド
シェア

Recent Posts

The Nostalgic Pearl’s Hill Upper Barracks

7月 1, 2024

My piece is from our February sketchwalk at Pearl’s Hill Upper Barracks....

続きを読む

The Flavel House Heritage Museum, Astoria

6月 29, 2024

I am an architect by profession, an artist and a musician by...

続きを読む

Old Welsh Tree

6月 29, 2024

Hi,  I’m Dan a 42-year old self taught artist and Urban Sketcher...

続きを読む

The Japanese Weddings

6月 28, 2024

Attending a wedding in the most traditional city in Japan, Kyoto, is...

続きを読む