USkシンポジウム オークランド ニュース

ブエノスアイレス国際USkシンポジウム2024 プログラム募集

企画募集 第12回アーバンスケッチャーズシンポジウムは、2024年10月9日~12日にアルゼンチンのブエノスアイレスで開催されます。ワークショップ、レクチャー、アクティビティ/デモの提案を募集します。応募締切は2023年12月10日(日本時間23時59分)です。選出された講師には、2024年1月15日頃にご連絡いたします。...

続きを読む
ウスク・シンポジウム公園でスケッチチュートリアルの日

指定されたグループに集合した後、私たちは全員、チューターとともにワークショップの目的地に向かった。この日は晴れて暖かかったので、スケッチのノリに乗ることができた。今日は4つのワークショップを取材した:ヴァージニア・ハイン - 線と色のダンスホアキン・ドラオ - 自分のスケッチブックをデザインする。ジェーン...

続きを読む
1つの道、3つの道、45冊のスケッチブック

私のワークショップ取材初日は、クイーン・ストリート沿いの3つのインストラクターに分かれて行われた。マリオ・リンハレスは、1908年に建てられたエドワード朝様式のショップの前に拠点を構えている。私の好きなルポルタージュというアプローチだ。マリオが見つけた同じ家並みの絵は......。

続きを読む
マオリ族のマラエを訪れて感動したこと

今日、シンポジウムの講師グループは、オークランドのパパクラにあるマオリのコミュニティセンター、マラエを訪れる特別な機会を得た。私たちはパウヒリ(マオリの挨拶)で歓迎され、ワレヌイ(集会所)に入り、昼食(カイ)とワレヌイ周辺でのスケッチを楽しんだ。

続きを読む
リマインダー4月19日午後3時、AUT Hubにて受付開始。

第11回アーバン・スケッチャーズ・シンポジウム・オークランド2023へのご参加を心よりお待ちしております!チケットは印刷したもの、または携帯端末でご用意ください。オークランド工科大学(AUT)の住所は、Sir Paul Reeves WG Building, 55 Wellesley Streetです。(マヨラルドライブとウェイクフィールドの角...

続きを読む
ボランティア「セットアップ

昨日は、シンポジウムの開始を前に、ボランティアが箱から荷物を降ろし、たくさんの「スケッチグッズ」を袋に詰めて、興奮の渦に包まれたのでした。USk Aucklandの多くのスケッチャーが、コミュニティーの精神で繋がりました。#uskauckland #urbansketchers

続きを読む
シンポジウムの前日:講師陣のリトリートはお楽しみに

シンポジウムはあと1日で始まるが、舞台裏では多くの作業が行われている!シンポジウムの形式に新しいアイディアが加わった。今日、インストラクターたちは丸一日、指導の前にミーティングを行い、見識を共有した。彼らはアーバンの将来について話し合った。

続きを読む
オークランドの景色を撮る

2日後のシンポジウムに向けて、今日はDevonport Aucklandで楽しみました。 オーストラリア、ニューカレドニア、アメリカ、イタリア、ベラルーシのスケッチャーが、ビクトリア山やタクランガ山でのスケッチの楽しさを通じて、新たな友情を育んでいます。#uskauckland2023 #usksymposium2023

続きを読む
USk Symposium 2023の模様をYoutubeでご覧ください。

皆さんこんにちは、パーカです。私は今ニュージーランドのオークランドにいます。アーバン・スケッチャーズ・シンポジウム2023オークランド大会のビデオ中継をします。アーバンスケッチャーズのYoutubeチャンネルに登録してください。それがシンポジウムを楽しむ2番目に良い方法です。最高の方法...

続きを読む
サイレント・オークション

シンポジウムでは恒例のサイレント・オークションを開催します。指導者を含むすべてのスケッチャーに、作品(A4サイズまで)の寄贈をお願いします。作品はシンポジウムの最終日、閉会式の直前に展示され、入札が行われます。 この...

続きを読む