特派員を紹介します。ニューヨーク > シャロン・フロスト



「20代の頃からニューヨークに住んでいて、ハンター・カレッジで大学院生として学んでいました。 20代の頃からニューヨークに住んでいて、ハンター・カレッジで大学院生として勉強しました。

紙やキャンバスでの制作を続けながらも、日々のスケッチブックの活動にますます依存するようになりました。 スケッチブックは、私のスタジオでの練習の中心的存在になっています。夫と私はスペイン語圏によく行くので(二人ともカステジャーノ語の流暢さを目指しています-二人とも古くはラテンアメリカに住んでいました)、スケールはすべてにおいて簡単に持ち運べる小さなものにスライドし、作品を手に取り、それが私の脳内にどうフィットするかを考えることにとても愛着を持つようになってきました。

自分の身の回りのもの、視界に入るものを描きながら、紙の上でどんな取引ができるかを考えるのが好きなんです。 そして、私の頭の中で、つながるかつながらないかわからないような言葉を付け加えていくのです。

- シャロンさんのブログです。 日めくり.

シェア

最近の記事

Drawing Attention June 2023

6月 1, 2023

  Drawing Attention, the official zine of the Urban Sketchers organization, communicates...

続きを読む

Applications Invited for USk New Education Director

5月 24, 2023

Urban Sketchers is currently seeking a new Education Director to serve on...

続きを読む

グランドリベール第12回アーバンスケッチャーズ国際シンポジウム

4月 23, 2023

公開動画を見る 章 ごあいさつ Urban Sketchers Aucklandに感謝しながら...

続きを読む

ウスク・シンポジウム公園でスケッチチュートリアルの日

4月 20, 2023

指定されたグループに分かれ、各自がワークショップの目的地に向かいました。

続きを読む