特派員を紹介します。ニューヨーク > シャロン・フロスト



「20代の頃からニューヨークに住んでいて、ハンター・カレッジで大学院生として学んでいました。 20代の頃からニューヨークに住んでいて、ハンター・カレッジで大学院生として勉強しました。

紙やキャンバスでの制作を続けながらも、日々のスケッチブックの活動にますます依存するようになりました。 スケッチブックは、私のスタジオでの練習の中心的存在になっています。夫と私はスペイン語圏によく行くので(二人ともカステジャーノ語の流暢さを目指しています-二人とも古くはラテンアメリカに住んでいました)、スケールはすべてにおいて簡単に持ち運べる小さなものにスライドし、作品を手に取り、それが私の脳内にどうフィットするかを考えることにとても愛着を持つようになってきました。

自分の身の回りのもの、視界に入るものを描きながら、紙の上でどんな取引ができるかを考えるのが好きなんです。 そして、私の頭の中で、つながるかつながらないかわからないような言葉を付け加えていくのです。

- シャロンさんのブログです。 日めくり.

シェア

最近の記事

新しいUSkショップをチェック

5月 8, 2024

何だと思う?アーバン・スケッチャーズ・ショップは、この度、レベルアップしました。

続きを読む

新進ストーリーテラー公募

5月 3, 2024

  あなたは18歳から25歳ですか?そして、あなたは情熱的ですか?

続きを読む

2024年国際アーバンスケッチャーズウィーク!

3月 1, 2024

この度、私たちは、...

続きを読む

Drawing Attention 2024年3月

3月 1, 2024

  ドローイング・アテンション』は、アーバン・スケッチャーズという組織の公式ZINEであり、...

続きを読む