特派員を紹介します。ロンドン > ジェームス・ホッブス

「私は25年間ロンドンに住んでいます。青春時代のほとんどを、生まれ故郷のデボンなど、英国の比較的田舎で過ごしましたが、都会の喧騒はいつまでも私を惹きつけてやみません。セント・ポール大聖堂、ロンドン・アイ、国会議事堂、金融街のタワー、テムズ川沿いの素晴らしい建物の前をよく自転車で通りますが、今でも自分が住んでいる街はなんて素晴らしいんだろうと感嘆させられます。

しかし、絵を描くとなると、私はもっと日常的なことに心を奪われることが多いのです。私は、街の名所の前に立ち、バッグからワークブックを取り出し、マーカーのキャップを外し、そして絵を描き始める前に振り返るのが好きです。ストリートファニチャーや日常的なもの、見落としがちなものこそが、その都市の本当の姿なのです。それは、私が好きな反有名人の世界観のようなものです。もちろん、郵便局タワーやカナリー・ワーフ、シャードなど、有名人が首をかしげて覗き込もうとすることはありますが、少なくとも私は、彼らを自分の居場所に留めておこうと心がけています。

Artists & Illustrators誌の編集者を数年務め、「Sketch Your World」や「Pen & Ink」など、絵に関する本も数冊執筆しています。アーバンスケッチャーズの編集チームに所属し、ロンドン支部の立ち上げに携わりました。このような芸術的なコミュニティーの感覚が好きで、Urban Sketchersの一員であることをうれしく思っています" 。

- ジェームスの ブログ.

- ジェームズのアート Flickr.

- ジェームスの インスタグラム.

シェア

最近の記事

シンポジウム現地特派員 トニー・マクナイトの紹介

1月 8, 2023

オークランド・シンポジウム 現地特派員紹介 ニュージーランド・オークランド出身のTony McNeight氏。...

続きを読む

ミート・ザ・シンポジウム ビデオコレスポンデントパーカ

12月 31, 2022

  シンポジウムのビデオ特派員Teoh Yi...

続きを読む

シンポジウム国際特派員 シモ・カペッキのご紹介

12月 29, 2022

イタリア・ナポリ出身のオークランド・シンポジウム国際特派員、シモ・カペッキさんをご紹介します。 私たち...

続きを読む

アーバンスケッチャーズ2021年版アニュアルレポート

12月 19, 2022

アーバンスケッチャーズは、2021年のハイライトをお届けします...。

続きを読む
jaJA