人は蟻のように

冬はベルリンで絵を描くには難しい時期です、冬に絵を描きに行くには少し背中を押してもらう必要があると認識しなければなりません。しかし、先週はパライヤープラッツにあるAkademie der Künsteの建物でドローイングする許可を得た。広場を見下ろすガラスのファサード、ベルリンの最も象徴的なランドマークの一つであるブランデンブルク門の中で絵を描くのは暖かく心地よいものだった。

小枝とインクと水彩で、1時間半ほどかけて大きなフォーマットのドローイングを2枚描きました。

2枚目は18cm×60cmの紙で、その場で30分ほどかけて描きました。パーマネントインクのペンを使っています。でも、色付けは後で家で水彩でやりました。

ここでは、より身近に人を見るために、その詳細を紹介します。

このスケールでは、人物のディテールはあまり必要ないでしょう。重要なのは方向性と姿勢です。色彩の点描を加えることで、より面白く、動きのあるものにしました。

シェア

最近の記事

シンポジウム現地特派員 トニー・マクナイトの紹介

1月 8, 2023

オークランド・シンポジウム 現地特派員紹介 ニュージーランド・オークランド出身のTony McNeight氏。...

続きを読む

ミート・ザ・シンポジウム ビデオコレスポンデントパーカ

12月 31, 2022

  シンポジウムのビデオ特派員Teoh Yi...

続きを読む

シンポジウム国際特派員 シモ・カペッキのご紹介

12月 29, 2022

イタリア・ナポリ出身のオークランド・シンポジウム国際特派員、シモ・カペッキさんをご紹介します。 私たち...

続きを読む

アーバンスケッチャーズ2021年版アニュアルレポート

12月 19, 2022

アーバンスケッチャーズは、2021年のハイライトをお届けします...。

続きを読む
jaJA