ワークショップ13: 誰も見ていないところで絵を描こう!

インストラクターマリオン・リヴォリエ

説明

絵を描き始めた頃、うまく描けるかどうか心配になりました。その気持ちが強すぎて、手も脳も麻痺してしまったのですその気持ちを忘れることができるようになった日、私はそのハードルを越えました。このワークショップでは、「きれいな絵」「醜い絵」を描くことにこだわることはありません。

良い絵画とは何か?絵画が成功するとはどういうことか?

良い絵とは、作者の視点を効果的に伝えるもの、作者の選択を感じることができるものだと私は思います。それは、空間を描写するのではなく、明らかにするものであり、物語を語ることで観察者に興味を抱かせるものなのです。

このワークショップでは、大きなパノラマ写真に取り組み、見えている空間をいくつかのパーツに分解していきます。価値観、色、光に焦点を当てます。

素直な絵を求めて旅に出よう! もしかしたら、絵が下手かもしれない、絵が下手かもしれない、醜いかもしれない。ディテールに欠けるかもしれない。しかし、それらは私たちの問題ではありません

そのために必要な道具は、水彩画、筆、空間、そして私たちの身体です。鉛筆による下絵は描きません。

ワークショップのスケジュール 

ワークショップは3部構成で、イントロダクションとクロージングを行います。

まず、参加者それぞれが基本的な色を使って自分のパレットを用意し、色を混ぜ合わせることから始めます。次に、空間を観察し、その構成要素(構造物、植物、人々)、およびその異なる部分(前景、中景、背景)を理解することに努めましょう。

次に、一連の簡単な練習を通して、大きな塊を使って、目の前に見える領域を明確にしていきます。暖色と寒色、光と影で遊んでみましょう。筆で小さなスケッチを何枚か描いて、心を解き放ちます。

次のステップでは、同じ視点から、大きな筆致で作業を続けます。今度は、より大きなドローイングを作成し、価値観に集中します。この価値観の学習では、暖色系や寒色系の色を混ぜていきます。紫色の影やオレンジ色の光の楽しさを発見することができるでしょう。

第3の演習では、さらに色を加える作業を行います。空間はダイナミックで動いていることを思い出し、その力を変換してみます。これは、価値観、色のコントラスト、質量、線を使った大きな絵になります。

ワークショップの最後には、みんなの作品をレビューし、コメントし、感想を共有するために集まります。

学習目標

  • 大きな価値観と色彩の塊を扱うことを学ぶ。
  • 見たものを選別する:全てを描かない、全てを表現しない、選択する。
  • 構図の基本となるフォーカルポイントを見つけます。
  • よく観察し、素早く描く。目の前の空間を理解したのだから。 
  • 色の楽しさを感じてください。
  • ジェスチャーの自由を感じる - 自分のマークを確信すること、そして間違いを恐れないことを学ぶ。
  • "きれいな写真 "を作ることにこだわらないことを学ぶ

サプライリスト

  • 水彩画スケッチブック(乾くまでの待ち時間の短縮のため、できれば2冊持参してください。初心者はA4(8 1/2″ x 11")以上のサイズがおすすめです)
  • 水彩画:限られたパレット(原色イエロー、ナポリイエロー、オレンジ、朱色、カドミウムレッド、セルリアンブルー、ウルトラマリン、プルシアンブルーまたはインディゴ、グリーン、オーカー... 黒なし)
  • 水彩画用ブラシ3本(小・中・大)

シェア

最近の記事

国際アーバンスケッチャーズウィーク2024! </trp-post-container

3月 1, 2024

この度、私たちは、...

続きを読む

Drawing Attention March 2024

3月 1, 2024

  ドローイング・アテンション』は、アーバン・スケッチャーズという組織の公式ZINEであり、...

続きを読む

USkシンポジウム・ブエノスアイレス2024特派員公募のお知らせ。

2月 21, 2024

  ***** スペイン語バージョンは以下に続く/versión en español a continuación...

続きを読む

USkシンポジウム・ブエノスアイレス2024プログラムスケジュール、ワークショップ講師、アクティビティ&デモ発表者のお知らせ</trp-post-container

2月 3, 2024

第12回アーバン・スケッチャーズ・シンポジウム・ブエノスアイレス...

続きを読む