ワークショップのインストラクターマイク・ダイクバラ、ボストン(米国)

 

 マイク・ダイクバラは20年以上の経験を持つ現役のインダストリアルデザイナー&グラフィックデザイナーで、国際的なウェブサイトUrbansketchers.orgのボストン特派員でもあります。

2000年から頻繁にスケッチをするようになったのは、デザインの仕事でより速く、より良いコミュニケーションが取れるようにするためでした。そして16年後の今、彼はまだ毎日スケッチをしていますが、今ではより楽しむために、実際には強迫観念に近いものになっています

東京で生まれ、ニューヨークで育ち、デザインの仕事の関係で全米を転々とする。カリフォルニア、ウィスコンシン、ペンシルバニアを経て、現在はマサチューセッツに在住。

上智大学比較文化学科卒業、プラット・インスティテュート(ニューヨーク)工業デザイン学科卒業、マーケット大学(ミルウォーキー)MBA、アカデミー・オブ・アーツ大学(サンフランシスコ)グラフィックデザイン修士課程在学中。

USkマンチェスター・シンポジウムで、彼のスケッチ・アプローチのいくつかを教えることができることに、彼はとても興奮しています。

www.daikubara.com

ワークショップ14:今スケッチして、後で考える

シェア

最近の記事

国際アーバンスケッチャーズウィーク2024! </trp-post-container

3月 1, 2024

この度、私たちは、...

続きを読む

Drawing Attention March 2024

3月 1, 2024

  ドローイング・アテンション』は、アーバン・スケッチャーズという組織の公式ZINEであり、...

続きを読む

USkシンポジウム・ブエノスアイレス2024特派員公募のお知らせ。

2月 21, 2024

  ***** スペイン語バージョンは以下に続く/versión en español a continuación...

続きを読む

USkシンポジウム・ブエノスアイレス2024プログラムスケジュール、ワークショップ講師、アクティビティ&デモ発表者のお知らせ</trp-post-container

2月 3, 2024

第12回アーバン・スケッチャーズ・シンポジウム・ブエノスアイレス...

続きを読む