#USkManchester2016 です。3日目、W1,W23,D2、そしてスケッチウォーク

英国マンチェスターのシンポジウム特派員、松川久美による]。

シンポジウム3日目。

Arno Hartmann氏によるワークショップ1「Curved perspectives - Sketching 360 degrees Panoramas」に参加しました。

このテーマを学ぶことにとても興味を持ちました。先生の指導はとても素晴らしく、この難しいことが参加者全員に理解されたようです。

次に訪れたのは、Stephanie Bower氏のワークショップ23:Soaring Spaces。

この授業では、長方形を使った基本的な構造の作り方を学びました。また、仕上げに色を塗る方法も学びました。

午後は、DelphineのDemo 2 - From splash to lineを見ました。デルフィーヌさんは、写真のように見せることをやめ、より自由で即興的な表現を追求されているそうです。そのために鉛筆の先端を使うのだそうです。

その後、Sketch Walk Eに参加し、他の参加者と同じように、かわいくて特徴的な子犬を描きました。ペヴェリル・オブ・ザ・ピークを描きました。皆さんの作品を拝見していると、この場所がいかに愛されているかが伝わってきます。 今回は、ヴィネットのようなイメージで描いてみました。ちょうど、この日の早朝に仕上げた別の作品と同じように。ハービーズ・クラウン・エール

#uskmanchester2016

#symposium2016通信員

シェア

最近の記事

新しいUSkショップをチェック

5月 8, 2024

何だと思う?アーバン・スケッチャーズ・ショップは、この度、レベルアップしました。

続きを読む

新進ストーリーテラー公募

5月 3, 2024

  あなたは18歳から25歳ですか?そして、あなたは情熱的ですか?

続きを読む

2024年国際アーバンスケッチャーズウィーク!

3月 1, 2024

この度、私たちは、...

続きを読む

Drawing Attention 2024年3月

3月 1, 2024

  ドローイング・アテンション』は、アーバン・スケッチャーズという組織の公式ZINEであり、...

続きを読む