故郷テルアビブでの休日

[ゲスト投稿:スマダー・ラヴェ・クレムケ(テル
アビブ] 
への
ハンブルクの寒くて長い冬が終わり、夫と私は2週間ほど旅行に出かけた。
テルアビブで日光浴をし、家族や友人と会い、私が住んでいる街を楽しむ。
が育った。 

私たちは
テルアビブの旧北部にいいアパートを借りた。大きな窓があり
美しいストリートビュー。毎朝、朝食の後、Gが忙しくしている間に
トランプのニュースとパロディ、私は窓から見える景色をスケッチしていた。 

I
テルアビブの街を歩くのが大好き。私の母はイギリスで生まれ
イギリスの生活様式や建築様式を懐かしんでいた私に、テルアビブはこう言った。
生命力にあふれているが、とても醜い。今は北欧に住んでいるが、この地が恋しい。
イスラエルの生活様式、テルアビブは美しい。年月とともに、テルアビブは
とても緑豊かな街になった。木々や茂みが大きくなり、街を彩っている。
家や通り。ベンチもあちこちにあり、都会的な雰囲気にぴったりだ。
スケッチャー 

テル
アビブは騒がしく、人が多く、カフェやレストランはいつも人でいっぱいだ。
人々。盛大な祝賀会のようで、誰も働いていないような印象を与える。
この街で。 


長い散歩の終わりはいつもビーチで、たいていはゴードン・ビーチだった、
若い頃、多くの時間を過ごした場所だ。海を眺めながら カリッチ・サビッチ (ナスのサンドイッチ、
卵とタヒニ)を食べながら、ハンブルクの寒い日々に太陽の光を浴びた。 

グラフィックデザイナー、イラストレーター
ドイツ、ハンブルグ在住。過去にゲスト投稿
について 階段
ハンブルクのクォーター
そして パラグライダー
スペイン
.スマダーの作品をもっと見る 彼女のブログ

シェア

Recent Posts

Drawing Attention June 2024

6月 19, 2024

  ドローイング・アテンション』は、アーバン・スケッチャーズという組織の公式ZINEであり、...

続きを読む

Open call for the USk Reportage Grant Program 2024

6月 15, 2024

Lines that speak: the power of visual storytelling Sketching has a unique...

続きを読む

Volunteer Opportunity: Urban Sketchers Seeks Fundraising Director

6月 6, 2024

HOME Are you passionate about art and fostering a global artistic community?...

続きを読む

The USk Regional Events Grant Funding Programme 2024 / 2025

6月 6, 2024

  Season three of the USk Regional Events Grant Funding Programme is...

続きを読む