ドローイング・ウィズ・エクジション・リベリオン・イン・パリ

[パリのマリオン・リヴォリエによる]

久しぶりにデモの道を歩んでいます。私は少し恐いので、非暴力的で、絵を描くことができる場所を選んでいます。高校生と「気候のための金曜日」を数回行い、この夏にはフェミニストに反対するデモを行った後、10月の「RIO」で描いた痕跡を報告してほしいと頼まれた。 エクステンション・リベリオン生態系の危機の深刻さと緊急性を認識し、温室効果ガスを削減し、陸上と海洋の生態系の破壊を直ちに食い止めるために、政府による迅速な認識と具体的な行動を必要とする非暴力運動です。

最初のデートはとても静かなもので、お祭り騒ぎの一週間の幕開けを祝うための集まりでした。私たちはヴィレット公園にいます。ちょっと涼しくて、人がいて、いろんな職業の人がいて、若い人も年配の人もいます。落ち着いていて、リラックスしています。最初の水彩画では、群衆はほとんど白黒で扱われ、さまざまな色のグレーが使われていますが、その光景に動きやざわめき、ダイナミズムを与えているのは、旗の鮮やかな色なのです。細部まで描き込まず、一つの身振りで処理された動く群衆である。私たちはそれをどきどきと感じる。

私はこの群衆の中を移動し、朱色のファンファーレに出会う。彼らはウォームアップを行い、数曲繰り返す。狂気の前に位置する赤い服のミュージシャンは、建物の鮮やかな深紅と見事なハーモニーを奏でています。もうすぐ演奏が終わって移動するような気がしたので、急いで楽器の輝きと衣装の奇抜さを撮りました!(笑)。 

撮影したいアクションやパフォーマンスがたくさんありすぎて、どこに向かえばいいのかわからない。しかし、パルク・ドゥ・ラ・ヴィレット特有の歩道橋と赤いフォリーで概観を描かないわけにはいかない。色鮮やかな旗と力強い黒の頭文字が、ガーリッシュでカラフルなバンドーラーを作り出しています。私はもう行かねばならないが、「新世界の群島」のために来週の土曜日にまた来ることにしよう。

シェア

最近の記事

Drawing Attention June 2024

6月 19, 2024

  ドローイング・アテンション』は、アーバン・スケッチャーズという組織の公式ZINEであり、...

続きを読む

Volunteer Opportunity: Urban Sketchers Seeks Fundraising Director

6月 6, 2024

HOME Are you passionate about art and fostering a global artistic community?...

続きを読む

The USk Regional Events Grant Funding Programme 2024 / 2025

6月 6, 2024

  Season three of the USk Regional Events Grant Funding Programme is...

続きを読む

新しいUSkショップをチェック

5月 8, 2024

何だと思う?アーバン・スケッチャーズ・ショップは、この度、レベルアップしました。

続きを読む