ビーチでの一週間

[大岩のマーレー・デュハースト氏による】。]

で1週間ほど都会を抜け出しました。 大岩 ビーチでキャンプ、水泳、釣り、そしてもちろんスケッチなど、休暇を過ごすのに必要なことをした1週間でした。まあ、パラグライダーは別としてね。

一週間の始まりは、テントの扉から太平洋を眺めながらのスケッチで、のんびりとしたものでした。その 火山ワケアリ(白島)は、ベイ・オブ・プレンティのこの辺りから常に見えており、地平線上に煙を上げて、最近の災害を思い起こさせる。

貝殻、ビーチの景色、日傘、ほっぺたなど、時間のあるビーチでスケッチするものをご紹介します。 ウェカス と古い牛の椎骨(牛の椎骨?)

海辺の意外な題材-1つではなく、2つの古いもの コマース 道路脇の木の下に隠れているバン。何層もの錆びをスケッチする。

ある日、前述のパラグライダーが立ち寄った...。

"The one that got away "はもちろん大きかったです。正直なところ、そうなのだ。血まみれのそいつは、僕らのラインとサーフキャスティング用の派手なシンカーとトリプルフック(砂に食い込むように設計されたシンカーだが、巻き込むとやがて外れる)を持っていった。

私たちは小さな(しかし合法的なサイズの)カハワイを何匹か釣り上げ、とても楽しみました。他の釣り人は大きなアジを釣っていましたが、2メートルほどのブロンズホエール・シャークが、おいしいものを求めて浅瀬を巡りはじめました。あんなに浅いところに来るとは思わなかったよ、次回はドライに立とう。

それが上のカハワイの一枚と、下のミッシングシンカーのセットアップ...。

大物を捕まえようとする友人のEmilとNils...

大晦日にビーチで焚き火を...

満潮時の砂浜に作られた「バーナクル・バー」が気に入った。地元の人たちが流木やニカウの葉、竹を使って作ったもので、さまざまな漂流物で飾られている。古いブイ、標識、旗(スケッチにはなかったジョリーロジャーも)、そしてボロボロのブギーボードも飾られています。ただし、飲み物は持参する必要があります。

この66年型ダッジで、忙しい1週間を終えました。 スウェプトライン - 海辺に停車しているクルマの中で、ひときわ異彩を放つ。

シェア

Recent Posts

Drawing Attention June 2024

6月 19, 2024

  ドローイング・アテンション』は、アーバン・スケッチャーズという組織の公式ZINEであり、...

続きを読む

Open call for the USk Reportage Grant Program 2024

6月 15, 2024

Lines that speak: the power of visual storytelling Sketching has a unique...

続きを読む

Volunteer Opportunity: Urban Sketchers Seeks Fundraising Director

6月 6, 2024

HOME Are you passionate about art and fostering a global artistic community?...

続きを読む

The USk Regional Events Grant Funding Programme 2024 / 2025

6月 6, 2024

  Season three of the USk Regional Events Grant Funding Programme is...

続きを読む