USKワークショップ - Let's Get Closer

トスカーナでのプレインエアー・ウォーターカラー・ワークショップ(マジッド・モディールとゲスト・アーティストによる)。

トスカーナ地方の中心部に位置する歴史的な町ヴォルテッラでのクリエイティブな冒険に参加して、たくさんの楽しい思い出と鮮やかな絵画を持ち帰ってください。

ライブスケッチやプレインエアーペインティングの方法、特に水彩画のテクニックを向上させます。焦点は、完璧なモチーフと構図を捕らえること、選ばれたシーンの中で焦点を見つけ、それを段階的に拡大していくこと(Getting Closer)にあります。

9月11日~18日 /2022
ヴォルテッラ-トスカーナ/イタリア
アーバン・スケッチャーズとの提携
IL PUNTO水彩画教室によるアレンジ 

毎日、様々な場所を探索します。エトルリア時代の古い町並み、イトスギの木が生い茂る周囲の丘、近くの絵のように美しい村、海辺の松林など。

個人でもグループでも、たくさんのデモ、指示、演習、レビューが行われるので、自信を持って自分のやり方を見つけ、自分の気持ちを表現することができるようになります。

それまでの間、気の合う参加者と一緒に時間を過ごしたり、スケッチをしたり、興味深い地元のアーティストと出会ったり、トスカーナの料理やワインを味わったり、イタリアのライフスタイルに触れたりと、ただただ楽しく、実りある冒険をすることができます。

5日間で1週間のワークショップを開催します。 水彩画教室IL PUNTOと協力しています。 USK, ヴォルテラ・デトロイト財団が主催しています。 ヴィラ マスカーニ スウェーデンのビジュアルアーティスト、アーバンスケッチャー、水彩画のインストラクターが指導します。 マジッド・モディールまた、ゲストティーチャーを1日同行させています。

9月号では クリスティーナ・ベングス スウェーデンより

このワークショップはALL-INCLUSIVEで、画材も手に入りますので、必要なのはフライトを購入することだけです。

まずは、カレンダーに日付を入れることから始めましょう。
そして、過去のワークショップ(Volterra 2019)の様子をちらっとご覧ください。 こちら!

城壁から見たヴォルテッラ
Villa Mascagni 中心部から徒歩5分。
5月号、9月号のいずれかに応募することができます。

 

主な目的

現実には360度の景色に囲まれていますし、広角のスケッチや絵画をたくさん見て、それはそれでいいのですが、実際にはどこを見て、どこに目を向けたらいいのかわかりません。

目にしたものすべてを報告し、1枚のスケッチにたくさんの情報を移すのは、よくある習慣です。それは、「ルポルタージュ方式」を選択し、「フォーカルポイント」と「全体の価値」を意識していればいいのです。そうでなければ、一般的で平均的なイメージになってしまう危険性があります。

もうひとつの方法は、被写体に近づき、思い切って刈り込み、タイトな構図を選ぶことで、被写体を減らすことです。私たちのカメラに搭載されているズーム機能、すなわち「写輪眼」を実践するだけです。

"それは、アーティストが絵画の特定の内容に注意を引く方法であり、しばしば絵画の最も重要な要素である。"

学習目標

技術の向上
ピュアな透明感を保ちつつ、水を加える量や、洗うたびに待つ時間を変えることで、ウェットインウェットとドライブラシのバランスをとる。

被写体のフレーミング

ある場所の魂と美しさを、ユニークなアングルを見つけ、興味のあるポイントを選び、良い構図で表現すること。

フォーカルポイントを見つける
選んだ景色の中で最も興味深い場所を見つけ、そこに焦点を当て、構造やダイナミックなラインを研究し、それをスケッチとして紙の上に変換します。

価値観の定義
焦点を当てたエリアとその周辺に異なるレベルのコントラストを作ることで、コントラストを基本にして、色を進めていきます。

SIMPLIFYING
既成概念にとらわれず、細部にこだわり、不要な要素を排除した "テーラーメイド "のイメージで、"セレクティブ "に仕事をする。

広角からクローズアップまで
そして、最終的には一歩近づいて対象物を理解し、スケッチ/ペイントするために、徐々に勉強していきます。

言語。 英語

参加者数
最少催行人数6名、最大催行人数12名

レベルは問いません(水彩画の基本的な経験がある方が望ましい)。

サプライズ

参加者には、IL PUNTOの実用的でユニークな "Plein-Airパッケージ "として、高品質の水彩画キット一式が提供されます。

  • パレット樺太合板製で、右手用と左手用があり、必要なものをすべてセットして片手で持つことができるスマートなソリューションです。寸法 245mmx330mm
  • ペイントボックス厳選された12色(シュミンケ)のチューブからカプセルまでをメタルボックスに収納(小さなサイドパレット2個を含む)
  • 論文A5サイズ(21×15cm)、20枚のルーズリーフ(アルシュ)コールドプレス100%コットン300gsm(2種類の粗さ)、メタリックボックス入り(完成した絵画も保護します
  • ブラシセット5本のブラシ(ダ・ヴィンチ 8740 カレッジ)、丸型2本と平型2本(サイズは4と12、長柄(30cm))、広柄(FIT30)1本、すべて竹マットのケースに入っています。
  • スケッチブックA6サイズ(15×10.5cm)の実用的な小型ノート(Moleskine)、70gsmのミシン目入り32ページ。
  • デッサン用のペンと鉛筆ペン(シグノユニボール)0.38黒インク1本、鉛筆(ステッドラー)HB&B6 2本
  • ウォーターカップ+クランプエナメルカップ、パレットに取り付けるためのクランプ付き
  • バックパック超軽量でコンパクトな防水バッグは、すべての材料やアクセサリーを集めて持ち運ぶことができます。

現地で購入可能な拡張用品もあります。三脚スタンド+木製ペイントボックス、ポータブルチェア、ビューファインダー。

 

ワークショップ参加費に含まれる、イルプントのプレインエアーパッケージ。 

プログラム

  • 5つのワークショップ日を含む7日間の宿泊施設。
  • 1日6時間セッション(2つのデモを含む)、昼食休憩あり。
  • 午前:3時間(10-13)/午後:3時間(14-173時間 (14-17)

ワークショップのデイリースケジュール/ラーニング&エクササイズ

  • 1日目:到着、登録、会場での設置 ヴィラ マスカーニウェルカム・ディナー
  • 2日目: インドア・スタディ アットザスタジオ ヴォルテラ・デトロイト財団
    • はじめに:プレゼンテーションを行い、いくつかの参考となる例を見て、良い作品がどのように計画されるべきかを分析します。
    • 水彩画テクニックの基礎:最高のプレインエアー水彩画を描くための材料と装置(絵具、筆、紙、イーゼルなど)を学び、その後デモを行う。
    • グループエクササイズ水彩画の基本とカラーパレット
  • 3日目: 窓と屋上/城壁からの夕日 (ヴォルテッラの町並みスケッチウォーク)
    • ビューファインディング・インストラクション最高の被写体や天使を、通常とは異なる視点から撮影するための目のトレーニング。
  • 4日目: パノラミック・ヒルズ/ガーデン&グリーン・パレット (絵のように美しい村 "Mazzolla "への旅)。
    • 構図と切り抜きの説明スケッチブックに素早くサムネイルを描いたり、ファインダーでフレーミングしたりして、最良のモチーフを得るための練習をする。引き続き、水彩画用紙に描いたスケッチの続きを行います。
  • 5日目: コンストラクション&ディテール (歴史的建造物 "バディア "への旅)
    • 価値発見の方法:コントラスト(明暗)、色の選択、シャープネスとブラー、ドライブラシとウェットインウェットなど、最適なコントラストを得るための方法を説明します。
  • 6日目: 動きのある数字 (海辺と絵のように美しい村 "ボルゲリ "とそのワイン街への旅)
    • クローズアップ:これまでに学んだことや今週のエクササイズを活用して、ワイドビューの一部を選択し、最適なクローズアップを実現します。
  • 7日目: 休日 オプショナル・アクティビティ(博物館訪問、サタデー・マーケットなど)と 自社展示会 に作品を公開しています。 ヴォルテラ・デトロイト財団*気象条件の変化に対応した予約が必要です。

ワークショップ料金:

1950 € * (PayPalまたは銀行振り込み)

含む。

  • 7日分の宿泊費(アパートは ヴィラ マスカーニ)**
  • ヴォルテッラとピサ空港間の送迎(到着時と出発時)、および日帰り旅行
  • 夕食2回(最初と最後の夕食)+ピクニックランチ5回(フルーツ、コーヒー、クッキーを含む)
  • 30時間の授業(5日間の講義、デモ、インストラクション、講評(マジド・モディールが4日、ゲストティーチャーが1日)。
  • 高品質なブランドの水彩画用品を完備
  • ファイナルショー

* 参加していないパートナーの場合は1250ユーロ(最初の3点を含む)

** 各アパートメントにはベッドルームとリビングルームがあり、それぞれにツインベッドが設置されており、2人で共有します。

ツインベッドのシングルルームもございますが、350ユーロの追加料金がかかります。

応募方法:下記の宛先までご連絡ください。
workshops@il-punto.org

講師陣について

マジッド・モディール

ビジュアルアーティスト、写真家、グラフィックデザイナー。1961年イラン生まれ、1986年スウェーデンに移住、2016年イタリアに移住。スウェーデン大学芸術・工芸・デザイン大学でグラフィックデザイン&イラストレーション(MFA)を卒業(コンストファック).

クリエイティブ・ディレクターとして、自身の デザインスタジオ また、The College of Art & Designでモーショングラフィックを教えています(Nyckelviksskolan)をストックホルムで開催。Nordic Watercolor Associationのメンバー。 スウェーデン芸術家協会, スウェーデン・センター・オブ・フォトグラフィー の審査員を務め、欧州放送デザイン賞(BDAとプロマックス).

過去30年間にスカンジナビア諸国、過去5年間にイタリアで多くの個展やグループ展で作品や水彩画を発表し、多くの賞を受賞している。

アーティストのウェブサイト www.majidmodir.com
厳選された水彩画 https://www.flickr.com/photos/majid-modir
インスタグラム www.instagram.com/majid.maggio.modir

マジッドの水彩画

Kristina Bength(スウェーデン)

「クリスティーナ・ベングスのプロジェクトは、その出発点として、今日および写真というメディアの歴史の中で、写真が社会に与える影響を取り上げていることがほとんどです。近年のクリスティナ・ベングスは、写真よりもむしろ文学から描いています。彼女は文学から部屋の記憶を調査しました。

クリスティーナ・ベングスは、スウェーデンのストックホルムを拠点に活動しています。ボフスレンのGerlesborgsskolan、ストックホルムのRoyal Institute of Art、ヨーテボリのValand School of Fine Art(BFA)で教育を受ける。

Kristina Bengthは、ストックホルムのGalleri Flach、パリのLM D galerie、ÖstersundのAhlbergshallen、EskilstunaのEbelingmuseet、Kiruna Stadshus、Trollhättan Konsthallなどで個展を開催しています。また、Uppsala Art Museum、Gävle Konstcentrum、hangmen Projects(ストックホルム)でのグループ展や、Volta 5(バーゼル)、Volta 13(ニューヨーク)、Le Salon du Dessin Contemporain(パリ)などのアートフェアにも参加しています。

これまでに、スウェーデン芸術助成委員会から1年および2年の作業助成金、プロジェクト助成金、ダーラナ県文化助成金、キルナ芸術家助成金、ビグナッズ文化助成金、スウェーデン王立芸術アカデミーからアクセル・テオフロン・サンドベリの水彩画助成金、マリアンヌ&シグヴァルド・ベルナドッテの芸術基金助成金などを受けています。

クリスティーナ・ベングスは、2006年からフィンランドのティエルンにあるThe Nordic Watercolour MuseumやコッコラにあるNordic Art Schoolなどで、ドローイングやペインティングのワークショップを行っており、2013年からはストックホルムのNyckelviksskolanで教えています。"

アーティストのウェブサイト
インスタグラム

クリスティーナの水彩画
シェア

最近の記事

USkトラベルハブ

8月 15, 2022

USkシンポジウム2023の前後にニュージーランドへの渡航を予定している方、...

続きを読む

第11回国際アーバンスケッチャーシンポジウムがニュージーランド・オークランドで開催されます 2023年

7月 19, 2022

Kia ora sketching whanau - こんにちは、スケッチ・ファミリーです。私たちは、ずっと...

続きを読む

注目されること 2022年6月

5月 31, 2022

アーバンスケッチャーズの公式機関誌「ドローイング・アテンション」は、「都市を描く」ことをテーマにしたコミュニケーションと...

続きを読む

2022年地域イベント助成対象者

4月 28, 2022

アーバンスケッチコミュニティの皆様、ごきげんよう。お久しぶりです...

続きを読む
jaJA