ナポリ

シモ・カッペキの「ナポリ・バーティカレ」の美しいドローイングシリーズに触発され、私は街の中心部の小さな路地に座って滞在する時間を自分に提供したのです。
しばらくすると、窓から人が飛び出してきて、私がやっていることを見下ろしている......。

"私はナポリにいる、歴史的な街の中心部にいる...私は安全なのだろうか?"- というのが私の考えだった。
もちろん、私は安全でした。私はスケッチブックに絵を描いているのであって、それ以外の何ものでもないのです。そして、この街はロケドローイングを大切にしているので、そこに滞在して、私がやっていることを見ようと立ち寄ってくれた人たちとおしゃべりするのは、本当に楽しいことでした。

今年の3月、またナポリに行くんだ

著者名
マーリオ・リンハレス
アーティストサイト
シェア

最近の記事

アーメダバード繊維工場経営者協会

8月 31, 2022

Ahmedabad Textile Mill Owner's Association Site Access On 146th sketch meet, Urban...

続きを読む

インド・ラダック地方のブロクパ族

8月 31, 2022

2022年4月、私はヒマラヤ山脈越えのラダック地方を旅し...

続きを読む

アマゾネス・コステイラの最果て、マンガル・ダス・ガルサ。

8月 31, 2022

アマゾニアに到着すると、目に飛び込んでくるのは...。

続きを読む

厳しい現実

8月 31, 2022

嫌な記憶のように、薄れてしまったが、それでも不安になる。ワークハウスは...

続きを読む
jaJA