厳しい現実

嫌な思い出のように色あせてはいるが、いまだに不安な気持ちになる。ケリー州キャシャシベンの町から3マイルほど離れた泥田に、バハースのワークハウスは今も残っている。元々は裕福なマッカーシー家の下宿として建てられたが、1842年に「貧困者のための聖域」に改築され、1922年までこの地域の救貧院として使用された。当初は800人の収容を想定していたが、10年後のポテト飢饉で収容人数が爆発的に増加し、さらなる拡張を余儀なくされた。
この重苦しい廃墟を訪れたことは、痛ましいことであり、また、雨に濡れたことでもありました。私の祖先は、アメリカに渡る前の数年間、ここに追いやられたのだというのが、私の主張だ。あまり知られていないが、1879年の大飢饉はアイルランド西部に大きな打撃を与えた。借家人の記録によると、ジョン・リンチ(私の曽祖父)は1881年に家族の借りていた土地を放棄(または立ち退き)し、同じ年に幼い子供2人が百日咳で死亡している。1884年、リンケス一家は、「スポンサー付き移民」という名目で、巨大な船「ファーネシア号」に乗せられ、近くに停泊していた地元の多くの人々をアメリカへ送り出した。その前年にも2隻の船が同じことをやっている。ニューヨークで行われた新聞のインタビューによると、私の先祖が乗った船の乗客は、労働収容所から来たと書いてある。マスコミは、この "貧民 "たちの到着をあまり喜んでいなかった。マンハッタンからリンチ夫妻は、親戚が先に定住していたコネチカット州南東部へ向かった。そこで彼らは、農業から繊維工場での厳しい労働へと、生活を一変させた。
著者名
フレッド・リンチ
アーティストサイト
シェア

最近の記事

アーメダバード繊維工場経営者協会

8月 31, 2022

Ahmedabad Textile Mill Owner's Association Site Access On 146th sketch meet, Urban...

続きを読む

インド・ラダック地方のブロクパ族

8月 31, 2022

2022年4月、私はヒマラヤ山脈越えのラダック地方を旅し...

続きを読む

アマゾネス・コステイラの最果て、マンガル・ダス・ガルサ。

8月 31, 2022

アマゾニアに到着すると、目に飛び込んでくるのは...。

続きを読む

厳しい現実

8月 31, 2022

嫌な記憶のように、薄れてしまったが、それでも不安になる。ワークハウスは...

続きを読む
jaJA