アーメダバード繊維工場経営者協会

アーメダバード繊維工場経営者協会

サイトアクセス

146についてth sketch meet, アーバンスケッチャーズ アーメダバード コルビュジエの代表作であるアーメダバード織物工場所有者協会(ATMA)でスケッチする許可を得ました。現場はBRTSで簡単にアクセスでき、最寄りの駅はMJ図書館でした。そのあと、アシュラム通りを5分ほど歩くと、カーブサイドのティーポストにたどり着きました。その後、境界の壁が現れ、ATMAコンプレックスの入り口ゲートがありました。

 

ファーストビュー 

1階には長いスロープがあり、その隣にはブリーズ・ソレイユのファサードから切り離された階段が吊り下げられています。スケッチ仲間が指摘したように、この階段は構造材からはみ出した形で、軽さと重さのバランスをとっている。

正方形のオープンファサードグリッドの側面に細い角ばったフィンを付け、端の手すりに背の高いプランテーションを重ねる構成が美しい。手すりの代わりにフロアプランターをイメージしてください。細い手すりとプランターが、機能的にも美観的にも実によくマッチしています。

フレームを選ぶ

サムネイル.jpg

ダイナミックなファーストビューのパースペクティブが好きな私は、すぐにこの傑作が最も姿を現す場所を探そうと、敷地内を歩き回りました。そして、右側の舗装された場所が最も眺めがよく、最終的には多くの人がスケッチをしました(建築家/建築学科の学生なら誰でもそうでしょう)。

 

 

スケッチ・アプローチ

まず、構図に関わるプロポーションのサムネイルを描きました。2点透視図法の上に3×3グリッドを重ね、さらに分割していくのですが、最初は特に構造物の全体像を見ながら大きなロジックを見ようとします。サムネイルに満足したところで、このグリッドを全面に描き、まずファサード面を描きました。そして、それを2次元に、つまり奥に向かって投影しました。次に、サムネイルと同じように、2つ目のフレームである階段の位置を決め、それを2次元で正面に向かって投影しました。

サイト付.jpg

レンダリングは、ファサードの存在を最大限にアピールするために、内側を暗くすることにしました。そして、四角いグリッドをつなぐ要素として、上部の赤いドア、階段、ファサードプランターの木が最も印象的でした。その後、1階のある要素の背後にあるロジックを見つけ出そうとしていました。ル・コルビュジエの傑作をスケッチするのは、素晴らしい経験でした。

ATMAスケッチ.jpg

スケッチャーに最終的なものなどないのだが、ここにいわゆるサイトの最終スケッチがある。

著者名
ネア・シャンデル
アーティストサイト
シェア

最近の記事

アーメダバード繊維工場経営者協会

8月 31, 2022

Ahmedabad Textile Mill Owner's Association Site Access On 146th sketch meet, Urban...

続きを読む

インド・ラダック地方のブロクパ族

8月 31, 2022

2022年4月、私はヒマラヤ山脈越えのラダック地方を旅し...

続きを読む

アマゾネス・コステイラの最果て、マンガル・ダス・ガルサ。

8月 31, 2022

アマゾニアに到着すると、目に飛び込んでくるのは...。

続きを読む

厳しい現実

8月 31, 2022

嫌な記憶のように、薄れてしまったが、それでも不安になる。ワークハウスは...

続きを読む
jaJA