シンポジウム特派員の公募について

 

都会のスケッチャーの皆様へ。

2023年4月19日~22日にニュージーランド・オークランドで開催される第11回国際アーバンスケッチャーズシンポジウムの特派員を募集しています。

 

写生特派員の責任

  • 4月19日から22日の4日間、毎日シンポジウムの活動をスケッチしてください。これらの活動には、シンポジウム前の設営、ワークショップ、デモ、講演、スケッチウォーク、他のスケッチャーとの非公式な食事などが含まれます。人々やその活動を素早く捉える能力が不可欠です。(ワークショップやデモに自ら参加することはできません)。

 

  • オークランド/タマキマカウラウ/ニュージーランド/アオテアロアで開催されるシンポジウムであることを、ドローイングによって実感してもらう。

 

  • USkのグローバルブログに毎日スケッチと簡単な文章を投稿してください。スケッチと文章は、ルポルタージュのようなスタイルが推奨されます。特派員は、シンポジウムのハッシュタグ:#USkSymposium2023を使って、ソーシャルメディア(ウェブサイトを優先して)で共有することも推奨されます。 #USkAuckland2023

 

  • カメラとノートパソコンなど、上記の作業をサポートする技術力と、画像やテキストをアップロードするための機材をお持ちの方。

 

  • 英語で快適に文章を書くことができる。

 

  • 他のシンポジウム特派員やシンポジウム委員とチームとして協力する。

 

 

過去のシンポジウムでスケッチ特派員が寄稿したブログ記事の例をご覧ください。

マリーナ・グレチャニック :: Rita Sabler :: パウロ・メンデス :: ウェス・ダグラス :: ベリサ・メンデス :: Vincent Desplanche :: 松川久美 :: ハビエル・デ・ブラス :: リズ・アッカリー :: 小山ティナ :: Suhita Shirodkar :: マーレー・デューハースト :: マリア・レジーナ・トゥアゾン :: ガビ・カンパナリオ

 

今年は1名募集します 現地特派員、海外特派員1名.現地通信員は、上記の責務に加え、オークランドの街並みや現地の習慣に精通し、他のチームの案内役となる。現地通信員には、5泊分の宿泊費が支給されます。 または $500の謝礼金。

 

の募集も行う予定です。 国際通信員 を、シンポジウムの特派員として兼任することになりました。国際特派員には 5泊分の宿泊費と航空券.両特派員には、ワークショップやデモを含むすべてのイベントに観客として参加できる「オープンパス」を進呈します(特定のワークショップやデモに登録・参加することはできません)。(特定のワークショップやデモに登録・参加することはできません)。 

 

応募する

応募される方は、以下の情報を下記までお送りください。 11月21日(月)11:59 GMT にしています。 education@urbansketchers.org 件名に「シンポジウム特派員」と明記してください。

  1. に応募される方は、その旨をご記入ください。 現地 または 国際通信員 の役割を果たします。現地通信員は、現在オークランドに住んでいる人でなければならず、他のボランティアからオークランドへの案内やヘルプを頼られることになる。 

 

  1. お名前、お住まい(都道府県名)、ご連絡先。

 

  1. シンポジウム特派員になりたい理由と、このボランティアに最適な理由を、数段落(500字以内)でお聞かせください。 

 

  1. シンポジウムを取材するための斬新なアイデアを1つか2つ書いてください。(例: 数名のインストラクターやデモンストレーターにインタビューし、彼らのシンポジウムに対する見解を聞く、最も多くの距離を移動したシンポジウム参加者にインタビューする、など)。

 

  1. ルポルタージュ形式で撮影した作品のうち、特に人が活動している様子を写したものを5~6点掲載すること。これらのスケッチには、特派員としてブログ記事を書くのと同じように、活動を説明する簡単な説明を書いてください。また、撮影場所と撮影に要した時間を明記してください。 

 

  1. 個人のブログ、地域のUSkブログ、その他のプラットフォームから、あなたのスケッチや文章の例を紹介するリンクを貼ってください。

 

  1. 現地特派員のみ対象。 上記に加えて、シンポジウムの開催地に関するあなたの知識と、その知識を他の特派員チームのためにどのように役立てるかについて、1~2段落のコメントを添えてください。(例えば、現地特派員は詳細な地図を提供し、シンポジウム開始前にチームメンバーをワークショップ会場まで徒歩で案内し、全員が仕事をしやすいように一般的なヒントを提供する責任を負っています)。

 

選考方法

シンポジウムの企画チームと実行委員会は、応募者がこの条件をいかに満たしているかを基準に評価します。アーバンスケッチャーズは世界的な組織であるため、特派員のグローバルな多様性も考慮されます。選出された候補者は、以下の方法で発表されます。 12月末に 

ご興味をお持ちいただき、ありがとうございます 

- USk執行委員会

 

#USkAuckland2023

#SymposiumNews

シェア

最近の記事

シンポジウム現地特派員 トニー・マクナイトの紹介

1月 8, 2023

オークランド・シンポジウム 現地特派員紹介 ニュージーランド・オークランド出身のTony McNeight氏。...

続きを読む

ミート・ザ・シンポジウム ビデオコレスポンデントパーカ

12月 31, 2022

  シンポジウムのビデオ特派員Teoh Yi...

続きを読む

シンポジウム国際特派員 シモ・カペッキのご紹介

12月 29, 2022

イタリア・ナポリ出身のオークランド・シンポジウム国際特派員、シモ・カペッキさんをご紹介します。 私たち...

続きを読む

アーバンスケッチャーズ2021年版アニュアルレポート

12月 19, 2022

アーバンスケッチャーズは、2021年のハイライトをお届けします...。

続きを読む
jaJA