シンポジウム国際特派員イェルーン・ヤンセンの紹介

ブエノスアイレスで開催される2024年シンポジウムで、日々の出来事を記録するベルギー出身のイェルーン・ヤンセン国際特派員を紹介する。

グラフィック・ジャーナリストであるイェルーンは、人々の日常生活や日常の物語をスケッチすることに興味を持ち、長年にわたって同団体に貢献してきた。 USkブログ特派員.

スケッチ特派員の仕事は非常に厳しい。シンポジウムの日々の活動が終わりに近づくと、スケッチ特派員は急いでコンピューターに向かい、描いた絵をスキャンしてその日の要約を書かなければならないが、一方で他の特派員はリラックスして自分の経験を振り返る。

風景と人物を組み合わせるのが好きで、必要なときは写真家よりも速くスケッチする。私は出会ったすべての人の個人的なストーリーを知りたがり、質問するよりも、むしろ人々が私に話したいことに耳を傾ける。"

イェルーンはビジュアル・ルポルタージュと出版の分野で豊富な経験を持ち、いくつかの書籍や雑誌も出版している。 彼の作品については、ウェブサイトをご覧ください。 https://www.bakame.be

#USkブエノスアイレス2024

#USkシンポジウム2024

シェア

最近の記事

Volunteer Opportunity: Urban Sketchers Seeks Fundraising Director

6月 6, 2024

HOME Are you passionate about art and fostering a global artistic community?...

続きを読む

The USk Regional Events Grant Funding Programme 2024 / 2025

6月 6, 2024

  Season three of the USk Regional Events Grant Funding Programme is...

続きを読む

新しいUSkショップをチェック

5月 8, 2024

何だと思う?アーバン・スケッチャーズ・ショップは、この度、レベルアップしました。

続きを読む

新進ストーリーテラー公募

5月 3, 2024

  あなたは18歳から25歳ですか?そして、あなたは情熱的ですか?

続きを読む