アーバンスケッチャーズプレス

2022

ウォータールー地域ニュース, 2022年1月5日、スケッチャーがウォータールー地方の都市景観を再現する。

2021

モーニング・イン・コーニング ハイライト The Corning Urban Sketchers (2021年10月)

2016

タイガーエアーの機内誌、2016年5-6月号。アーバンスケッチャーズシンガポール創設者TIAが語るアーバンスケッチャーズ

ペン!ペン!ペン紙!鉛筆!, 2016年5月20日Tina KoyamaがUrban Sketchersについてゲスト投稿しています。

2016年4月のこと。クリチバで開催された「Urban Sketching Brasil 2016」がテレビで紹介されました。

2016年4月 エリカ・ブランドナーは、チリの「ロデオ」全国大会のスケッチに招待され、そこで次のような賞を受賞しました。 ナショナルテレビジョン.

アーティスト・イラストレーター 誌、2016年4月号に掲載されました。イギリスのスケッチャーLynne ChapmanとWill Freebornが紹介されています。

ディアリオ・リブレ2016年3月23日(金)発売。ドミニカ共和国の出版物には、ニューヨークのアーバンスケッチャー、メラニー・レイムが登場し ドミニカの織物職人一家を記録したMelanieの短編映画。

2016年3月のことです。クアラルンプール(マレーシア) USkは、USk台湾、USkペナン、USkイポーと共同でクアラルンプールシティギャラリースケッチクロールを開催しました。 地元テレビ局のニュースでは、イベントの様子が紹介されました。

のです。 サンノゼ(米国)マーキュリーニュース2016年3月9日のことです。本紙 かおつき USkの講師、Suhita Shirodkarが地元のヴィンテージサインをスケッチしたシリーズについて。 

 ラクロワ2016年2月12日のこと。フランスの新聞が、パリのカルナヴァレ美術館で開催されている「Le Maris en héritage」展の記事で、デルフィーヌ・プリオロー=ストクレのスケッチを掲載しました。

2016年1月、トロントのマリー=ジュディット・ジャン=ルイが 地元ラジオ番組でインタビュー Urban Sketchers Torontoの自費出版本について。 アーバンスケッチ トロントの消えゆくランドマーク.

ラ・レプブリカ/ナポリ, 2016年1月28日。イタリアの新聞がUrban Sketchersの記事でSimo Capecchiのスケッチの1つを掲載しました。

アーティスト 誌に掲載されました。 2016年1月号(#1024)には、以下の記事が掲載されています。 アーバンスケッチャーズ バーミンガム とその展示会を開催しました。

じきもじよみとりそうち 雑誌16号にて、Simone RidyardによるUrban SketchersとマンチェスターでのUSkシンポジウムについての記事が掲載されました。

2015

バイエルンのチャンネル「BR」が5分間の映像番組でUSkミュンヘンを紹介(2015年11月)。

リスボン 誌(P.45)2015年10月号に、ペドロ・アルベスによるスケッチが表紙を飾るなど、アーバンスケッチャーズの記事が掲載されています。

O人気 2015年10月24日付の新聞、アーバンスケッチャーズブラジルを特集しています。

シュティルブルフ, 2015年10月15日、モアブ・マーケットホールでUSk Berlinがスケッチをしている記事が掲載されました。

ジローナ日記, 2015年10月、Urban Sketchers Gironaが紹介されました。

アウトドアペインターのオンライン版です。 プレイン・エア・マガジンは、米国のアーバンスケッチャーズ3グループを特集しています。 オアフ島, テキサス そして ニューヨーク.

アーバンスケッチャーズ・ノースポルトガルが紹介されました。 新聞 ゴンディフェロスでスケッチをしたときのこと。

新しい紙面, 2015年7月27日発売。"シンガポールの実態をスケッチする" アーバンスケッチャーズシンポジウムの記事です。

ビアリブレ, 2015年6月25日。Urban Sketchers Málagaの展示が紹介されています。

モダンアートパリ・ポンピドゥーセンター図書館所蔵雑誌, 2015年4月アーバンスケッチャーズフランスが紹介されました。

プレミア・ページ, 2015年3月23日アーバンスケッチャーズブラジルが紹介されています。

トライシティ・ヘラルド, 2015年3月15日Urban Sketchers Tri-Citiesが紹介されています。

文化広場, スイス国営テレビ, 2015年3月11日。Urban Sketchers Switzerlandが紹介され、Andre SandmannがUSkのブログについて話し、見せている様子が紹介されています。

シュトゥットガルター・ツァイトゥング, 2015年3月10日アーバンスケッチャーズ シュトゥットガルト」が紹介されています。

記録, 2015年3月6日。キッチナー・ウォータールーアーバンスケッチャーズが紹介されました。

シュア, 2015年3月2日アーバンスケッチャーズ マラガが紹介されています。

Creative Bloq, 2015年2月20日。2013年バルセロナで開催されたアーバンスケッチャーズシンポジウムの記事を掲載しました。

シアトルグリーンレイカー, 2015年2月26日。シアトル(アメリカ)のアーバンスケッチャー、スティーブ・レディが地元のコーヒーショップや住宅をスケッチしている様子が紹介されています。

"「アーバンスケッチャーズ」がサンノゼを描く" 2015年2月18日(金英字オンライン新聞にUrban Sketchers Costa Ricaが掲載されました。

ラ・ナシオン, 2015年2月22日。アーバンスケッチャーズ・コスタリカが紹介されています。

"都会のスケッチャーが帰ってきて、商売のコツを教えてくれる。" 審査委員会, 2015年2月14日。シドニー(オーストラリア)のアーバンスケッチャー、リズ・スティールがタスマニア州ローンセストン市の新聞に掲載されました。

トップチャンネル, 2015年2月4日。アーバンスケッチャーズ・アルバニアが大手テレビ番組で紹介されました。

テレティカ, 2015年1月28日。アーバンスケッチャーズ・コスタリカが、この大手テレビ局で紹介されました。

スケッチブックに写し出された人生。セントポールスタートリビューン, 2015年1月5日。セントポール(アメリカ)のスケッチャー、ケン&ロバータ・アヴィドール夫妻が、アーバンスケッチャーと車を使わず自転車通勤をするライフスタイルについて語る。

タコマのアーバンスケッチャーは、ピアース郡の枠を超えたコミュニティーに参加しています。ニューストリビューン紙 2015年1月2日(木)。Urban Sketchers Tacoma(アメリカ)のオーガナイザーであるFrances Buckmaster、Rom LaVerdiere、Kate Buike、Mark Ryanがインタビューに答えています。

2014

自転車、交通機関、アートの創造的な結びつきを取り込む,” MinnPost, 2014年12月19日。アーバンスケッチャーズ Ken and Roberta Avidorが紹介され、Urban Sketchers Twin Cities(アメリカ)が言及されています。

デザインアート日誌, 2014年12月18日。アーバンスケッチャーズ・ニューヨーク(アメリカ)が紹介されています。

"Lydia Velardeはスケッチ仲間と情熱を分かち合っている" 92064, 2014年11月サンディエゴ(アメリカ)のUSk創設者リディア・ヴェラルデのスケッチが紹介されました。記事では、サンディエゴのUSkについて触れられています。

"サラワクの歴史と遺産を軽視してはいけない" ボルネオ・ポスト・オンライン, 11月22日、「Drawing Our Heritage」(2014年11月28日)を開催しました。USkクチン(マレーシア)とサラワク・ヘリテージ・ソサエティが共同で、遺産への関心を高めるイベントを開催しました。

カオール, 2014年10月23日。アーバンスケッチャーズフランスが、カオールでのグループのスケッチアウトについて紹介されました。スケッチャーのシルヴィー・ビゴーデンが紹介されました。 別品.

"ラインアーティストが自分の過去とつながる" ニュー・ストレイツ・タイムズ, 2014年10月31日。ペナン(マレーシア)のアーティストでアーバンスケッターのCh'ng Kiah Kieanが紹介されています。

コヴェント・ガーデンでのアーバン・スケッチャーズ,” ハフィントンポスト, 2014年10月9日。モレスキンが主催するUrban Sketchersのプロジェクト「City Stories」についての記事です。

アビソ、バイエルンの芸術と科学技術 (バイエルン発アート&サイエンス)、2014年10月号。Urban Sketchersの記事で、Gabi Campanario、Miriam Ben Moussa、Omar Jaramilloが紹介されています。

"Munchen in Bildern - Urban Sketching"(ミュンヘンの都市スケッチ)。 イザールブログ, 2014年10月14日。アーバンスケッチャーズ・ミュンヘンに関する記事です。

"大抽選会" AsiaOne, 2014年10月12日シンガポールで拡大するドローイングシーンに関する記事で、Urban Sketchersが紹介されました。

"カムバック・オブ・ザ・ノートブック" に出演しているEuromaxxの制作したビデオです。 ドイツ・ウェレ, 2014年10月ミュンヘンのアーバンスケッチャー、フローリアン・アフラーバッハが大きく紹介されています。

レンズではなく鉛筆を使って、アフガニスタンでの戦争のイメージを撮影" パブリック・ラジオ・インターナショナル、2014年10月17日。PRIは、アフガニスタンでの戦争をスケッチで記録しているアーバンスケッチャー、リチャード・ジョンソンのラジオ番組を制作し、記事を掲載しました。

アートジャーナリング, 2014年秋。サンディエゴ(アメリカ)のアーバンスケッチャーLydia Velardeが、San Diego Urban Sketchers meetup groupで外出した際に描いたスケッチを紹介する記事を書きました。

"芸術を通して自然史や科学に惹かれる" ケベック・クロニクル・テレグラフ紙 2014年9月17日のことです。記事は、アーバンスケッチャー、アーティスト、フォトジャーナリストであるベサン・マークルを特集しています。

"WWの建築、カラーパレット、人物に惹かれるスケッチアーティスト" 2014年9月23日のこと。アーバンスケッチャーズ・シアトル共催のジェーン・ウィングフィールドが、ワシントン州ワラワラの取材を受ける。 ユニオンブルティン.

"Le crayon liégeois des 'urban sketchers'(都会のスケッチャーのクレヨン)" 2014年9月11日のこと。リエージュ(ベルギー)で開催されたアーバンスケッチャーズのサミットが、新聞報道され ル・ソワール.

Creative Bloq, 2014年9月5日。による記事 エリザベス・アレーアーバンスケッチャーズ理事会副会長兼イベントディレクターである、"Mr.Mr.Mr.Mr.Mr. "に、急成長中の都市スケッチ運動について聞きました。 

オジー, 2014年7月。オンライン版では、ヴェロニカ・ローラーによる9.11などのスケッチルポが掲載されています。

オックスフォード・メール, 2014年7月21日。アーバンスケッチャーズのワークショップ「Pushing Your Sketching Boundaries」がオンライン新聞に掲載されました。

サンパウロテレビ, 2014年7月19日。アーバンスケッチャーズ サンパウロがムーカ地区でスケッチしている様子をテレビ番組が取材しています。

オレゴニアン紙, 2014年7月13日。ポートランドで開催された「第2回西海岸アーバンスケッチャーズスケッチクロール」を取材した記事が掲載されています。

サウスチャイナ・モーニングポスト紙, 2014年7月7日。スケッチを通じて街の遺産を保存するアーバンスケッチャーズ香港の取り組みについて語られている記事です。

ザ・セントラルバレー・バズ, 2014年7月3日。フレズノのスケッチャー、ロブ・キャリーが地元テレビ番組で紹介されました。

ザ・スター, 2014年7月1日。オンライン出版では、Urban Sketchers Kuchingを特集しています。

Twin Cities Pioneer Press紙, 2014年6月27日。セントポールのミシシッピ川の氾濫を描いたケン&ロバータ・アヴィドールのスケッチルポを取り上げた記事です。 

マイレッドパレット のブログで、2014年6月24日に紹介されました。ティア・ブーンシムがインタビューに答えています シンガポールでのアーバンスケッチへの意気込みと、その人気について。

ザ・スター・オンライン, 2014年6月11日のことです。ペギー・ウォンがUrban Sketchers Kuchingについてインタビューに答えています。

デザインブレイク ブログ、2014年5月30日。 アーバンスケッチャーズ イスラエル テルアビブ・イラストレーション・ウィークの一環として、初のグループ展に参加。

イェディオス・アクロノ, イスラエルの新聞、2014年5月。 アーバンスケッチャーズ イスラエル テルアビブ・イラストレーション・ウィークの一環として、初のグループ展に参加。

旅とアートのブログ ワンダールティ 2014年5月7日の記事キース・ミラーにスケッチの旅についてインタビューしました。

ジローナテレビ, 2014年5月15日アーバンスケッチャーズ ジローナのスケッチ ジローナの59歳th Temps de florsのお祝い。

米国造園家協会ニューヨーク支部, 2014年5月13日リチャード・アロマー氏のスケッチとニューヨーク・アーバン・スケッチャーズについてインタビュー。

"ブリスベンのアンザックデーのトリビュートでアーバンスケッチャーのインクを塗る" 2014年4月25日のことです。にUrban Sketchers Brisbaneの記事が掲載されました。 ブリスベンタイムズ のインタビューは、支部の創設者であるJudy-Joy Bellが行ったものです。

L'Ajuntament edita un llibre amb illustracions del Putxet i el Farró」。"(カタルーニャ語)、バルセロナTV、2014年4月23日。エドゥアルド・ビセンテの著書。 エル・プシェット・イ・エル・ファロ(El Putxet i el Farróは、バルセロナ市によって発行されています。

"スケッチ・フォー・ザ・コーズ" ザ・ウィーク (オマーン)、2014年4月16日。Sue PownallがUrban Sketchersとユニセフを通じたシリアの子供たちのための募金活動についてインタビューを受けています。 スケッチ・マスカット・フォー・チャリティー.

"Puliere Tutto, di Corsa"(プリエール トゥット ディ コルサ (ジャンク・ジャーナリズム」)。 テッレ・ディ・メッソ ストリートマガジン, イタリア、2014年3月。ガブリエーレ・オルランドが描いたミラノのゴミ収集のスケッチが掲載されています。

"スケッチャーが描くツインシティの生活" 2014年3月9日、ミネアポリス/セントポールのテレビ局KARE。Twin Cities(アメリカ)のUrban Sketchersがテレビ取材を受けました。2分間の番組では、スケッチャーたちがコモ・パーク温室で寒さをしのいでいる様子が映し出されています。

イブニングマガジン, シアトルのテレビ局KING-TV、2014年3月3日。シアトルの歴史産業博物館で開催中のUrban Sketchersの創始者ガブリエル・カンパナリオの展示が、地元のバラエティ番組で宣伝されています。

"アンバサダー、大きな遺物を小さなスケッチに変換", ミュージアム・オブ・フライトの雑誌 アロフト3月・4月号で紹介されました。シアトルのアーバンスケッチャー、ケイト・ブイケが飛行博物館のボランティア・アンバサダーとして紹介されました。アーバンスケッチャーズとの熱心な関わり方が、記事の中で紹介されています。

"Nio tecknare i studion tolkar Calle Käck." 2014年3月25日、スウェーデン、ローカルラジオ局。Urban Sketchers Eskilstuna(スウェーデン)を招き、アーバンスケッチについてトークを行いました。

サタデーライブという、BBC Radio 4の全国番組(リスナー数約200万人のイギリスを代表する音声ラジオ局)で、2014年1月25日に放送されました。イギリスのアーバンスケッチャーJames HobbsとSimone Ridyardが、Urban Sketchersについてインタビューを受けています。  

"Ready, steady, SKETCH!マンチェスターのアーティストたちが、街の宝石やスカイラインを撮影するためにアーバンスケッチを取り入れている。" マン喫のこと。 2014年1月22日マンチェスター・アーバンスケッチャーがオンライン新聞に掲載されました。 

"アーバンスケッチアーティストがクラウンハイツを生彩で捉える" DNAinfo 2014年1月16日、ニューヨーク。アーバンスケッチャーズ代表のジェイソン・ダス(アメリカ・ニューヨーク)が紹介されています。 

"ケン・アヴィドール、アーバンスケッチュ運動について" ミネアポリス市のページ, 2014年1月10日。Ken AvidorとTwin Cities (USA) Urban Sketchers、またMetro Sketchersが紹介されています。

レジャーペインター, 2014年1月と2月。月刊ペインティング誌には、イギリスの熱心なアーバンスケッチャー、トニー・アンダーヒルのアーバンスケッチに関する記事が掲載されています。2月号の記事のパート2には、トニーによるステップバイステップのスケッチ・デモが掲載されています。

2013

"ローワータウンに乾杯 アーバンスケッチャーがドリンクコースターシリーズを制作" Twin Cities Pioneer Press紙, 2013年12月21日。ミネソタ(アメリカ)のスケッチャー、Ken Avidor、Roberta Avidor、Lisa-Marie Greenly、John Millerと、彼らが制作した都市スケッチをモチーフにしたドリンクコースターシリーズに関する記事です。

"スタジオ・イン・ア・バッグ" スタジオ2013年夏。シアトル(アメリカ)のアーバンスケッチャーでフリーランスライターのティナ・コヤマさんの記事が掲載されています。記事は、彼女が毎日持ち歩く「ポータブルスタジオ」と、アーバンスケッチャーズが彼女のスケッチ観にどのような影響を与えたかについて書かれています。  

水彩画家。 2013年6月ニューヨークからシンガポールまで、水彩画家やアーバンスケッチャーを特集した雑誌です。Cathy Johnson(アメリカ・カンザスシティ)、Urban Sketchersの創設者Gabriel Campanario(アメリカ・シアトル)、Tia Boon Sim(シンガポール)、Laura Frankstone(アメリカ・ノースカロライナ州チャペルヒル)、Marc Taro Holmes(カナダ・モントリオール)、Liz Steel(オーストラリア・シドニー)、Nina Johansson(スウェーデン・ストックホルム)、Marcia Milner-Brage (USA).

カタルーニャテレビ, 2013年3月18日。ランデヴー・カルネ・ド・ボヤージュ国際賞を受賞したバルセロナ在住のアーバンスケッチャー、イラストレーターのスワスキーは、アーバンスケッチャーと彼の旅のスケッチブックについて語る。

"ベルリンのアーバンスケッチャーたち-Gemeinsam Unikate schaffen-"(ゲマインザム・ユニケート・シャッフェン) ドイツ、テレビ ZIBB、2013年2月16日。

タイムズアンゼイジャー, 2013年2月2日。チューリッヒ新聞に、アンドレ・サンドマンが描いたチューリッヒのスケッチと、アーバンスケッチャーズ・スイスを含むアーバンスケッチャーズの国際的なコミュニティが広がっていることが掲載されました。

オーディオインタビュー2013年2月1日。アーバンスケッチャーズ特派員のマーク・ホームズが、フリーランスのラジオプロデューサー兼レポーターのサラ・デシャイスから、アーバンスケッチャーズとモントリオールのカントール劇場でのスケッチプロジェクト「Innocence Lost」についてインタビューを受けています。 

ベルリナー・ツァイトゥング2013年2月、ドイツ。ベルリン・アーバンスケッチャーズと彼らが頻繁に行うスケッチ活動が紹介されています。

"スケッチブックが地元の歴史に沿う" ケベック・クロニクル・テレグラフ紙2013年1月30日。ケベックのアーバンスケッチャーズグループ「Drawn to Quebec」を特集した記事で、同グループのメンバーによるスケッチがいくつか掲載されています。 

2012

ベルリナー・ツァイトゥング2012年12月29日、ドイツ。

ベルリン・アートパラシテス 2012年12月、ドイツ、ブログ

"アーバンスケッチ:ミリアム・ベンムーサに聞く" スタイルウェルト2012年10月8日、ドイツ。

"Te quiero Barcelona"(バルセロナが大好きです)。 クローン 誌、2012年。バルセロナ・アーバンスケッチャーズの特派員ラパンが登場する5分半の動画。

アーティスト・イラストレーター 誌、2012年夏号。ロンドンアーバンスケッチャーズ特派員のJames Hobbsが記事を掲載しています。

"サントドミンゴの招待状-スケッチマラソン" 2012年8月8日、サントドミンゴのテレビ。第3回国際都市スケッチシンポジウムの様子を伝えるテレビ番組。 

レビュスタ・ポーラ2012年夏。チリの雑誌にUrban Sketchersの記事が掲載されました。Wil Freeborn(グラスゴー)、Norberto Dorantes(ブエノスアイレス)、Isabel Fiadeiro(モーリタニア、ヌアックショット)の通信員によるスケッチが掲載されています。

アーティスト&イラストレーターズ マガジン2012年夏号、46ページ。

モントリオール・ガゼット紙, 2012年5月26日。この新聞には、アーティストでグラフィックデザインの先生でもあるShari Blaukopfさんの日刊スケッチブログが掲載されています。記事の中で、シャリはUrban Sketchersがどのように彼女のスケッチの旅を始めるきっかけとなったかを話しています。

2012年5月3日、テレビ番組「Art 2 Art」。マニラ放送局制作のこのテレビ番組は、RHTVチャンネルでのUrban Sketchers Philippinesの1周年記念をハイライトしています。 

第1部

第2部 

"バカンスのスケッチに最適な10の場所" USAトゥデイ2012年4月。日刊全国紙が都市スケッチに関する記事を掲載し アーバンスケッチ術.

92064雑誌 2012年3月28日同誌には、サンディエゴのアーティストでUrban Sketchersの特派員でもあるLydia Velardeの記事と、彼女の本への寄稿が掲載されています。 アーバンスケッチ術.

ペイザージュ・ライフ2012年3月トルコの景観建築と都市デザインの雑誌に、アーバンスケッチャーズのボードメンバーであり、アーバンスケッチャーズ・テキサスのコーディネーターであるジェームズ・リチャーズの記事が6ページにわたって掲載されています。 

"スケッチャーがオークランドでのスナップショットを撮影" オークランダー2012年3月29日。日刊紙に、ニュージーランドのアーバンスケッチャーズ特派員マレー・デュハーストと「The Art of Urban Sketching」への彼の寄稿が掲載されています。 

L`Art de l´Aquarelle(12号)、その英語版であるThe Art of Watercolour(6号)です。アーバンスケッチャーズの特派員ロブ・キャリー(ドイツ)とニーナ・ヨハンソン(ストックホルム)は、フランスの水彩画雑誌に10ページにわたる記事の一部を執筆しています。

ヴァイヴル・パリ2012年春。発見、ライフスタイル、お出かけ、インテリア」をテーマにしたフランスの季刊誌に、Urban Sketchers Parisが掲載されました。

2012年2月21日、KING 5 TVの番組「New Day Northwest」。アーバンスケッチャーズの創設者でシアトル特派員のガビ・カンパナリオとアーバンスケッチャーズ・シアトルのゲイル・ウォンが毎日の番組に出演し、都市スケッチと新刊について話しています。 アーバンスケッチ術

"都市のスケッチ-Zeichner entdecken Städte"。 ドイツ、テレビRBB、2012年1月22日。Milena Hadatty Moraにインタビュー。

2011

"メンフィスを世界に発信するための共同作業を行うドローイング・グループ" The Commercial Appeal(コマーシャル・アピール2011年12月15日。米国テネシー州メンフィスのメトロ紙に、メンフィス・アーバンスケッチャーズに関する記事が掲載されました。

ゴイエリコ・ヒッツァ 2011年12月アーバンスケッチャーJosu Marotoがバスク新聞のインタビューを受ける。 

水彩画家2011年10月カンザスシティ(アメリカ)のアーバンスケッチャーズ特派員、キャシー・ジョンソンと彼女のアーティストスケッチジャーナルについての記事が掲載されています。

新しい紙面, 2011年9月18日。シンガポールの新聞に、インフォグラフィックアーティストとして同紙に勤務するアーバンスケッチャーTeoh Yi Chie氏によるUrban Sketchers Singaporeの図解記事が掲載されました。 

ヨーロッパプレス, 2011年9月10日。アーバンスケッチャーズスペインの記事が新聞に掲載されました。この記事は、laopiniondemalaga.es、20minutos.es、Qué.esの地元紙3紙にも掲載されました。 

"都市生活を描く" Andalucia.com、2011年9月12日。このブログでは、特派員のLuis Ruiz氏(マラガ)とAlvaro Carnicero氏(コルドバ)の作品とともに、Urban Sketchersに関する記事が掲載されています。

マーリブ2011年9月テルアビブ・アーバンスケッチャーズの特派員Marina Grechanikが、イスラエル日刊紙のローカル・サプリメントで紹介されました。 シャロン・タイムズ.リスボンでのアーバンスケッチングシンポジウムでの経験や、新しく結成されたアーバンスケッチャーズイスラエルについて語るマリーナさん。

ナッシュビル・シーン, 2011年9月6日。アーバンスケッチャーのDrew Bryantがブログで紹介されています。 

"アーバンスケッチャーズ" ドイツ、テレビの赤いソファー - NDR、2011年8月7日。

メトロ2011年7月リスボンで開催された第2回国際都市スケッチシンポジウムの記事とともに、リスボンのフィリペ・レアル・ダ・ファリアさんのスケッチが表紙に掲載されています。

によるテレビ放映 TVI 24、RTP、および レナセンサ2011年7月リスボンで開催された第2回国際アーバンスケッチシンポジウムのメディア掲載。

ランドエイト2011年7月。ランドスケープアーキテクチャーの専門家に向けた最大のブログで、アーバンスケッチャーズ特派員のジェームズ・リチャーズ(アメリカ、テキサス州)のリスボンシンポジウムのスケッチが紹介されています。 

"オンロケーション・ドローイングは、場所の精神をとらえる" フィリピン・デイリーインクワイアラー紙, 2011年8月8日。遺産保存建築家であり作家でもあるAugusto "Toti" Villalon氏による、都市スケッチとアーバンスケッチャーズフィリピンに関する記事です。 

ドイツのテレビ局。 2011年8月7日。Manfred Schloesserと他のUrban Sketchers Bremenは、ドイツのテレビチームによって、Oldenburgでのスケッチ外出の様子を撮影されました。 

"世界をスケッチする" ザ・テレグラム2011年5月アーバンスケッチャーズの特派員オマール・ジャラミロがニューファンドランドをスケッチしている様子が掲載されています。

インディペンデント・ドット・コム2011年5月アーバンスケッチャーズの特派員オマール・ジャラミロがニューファンドランドをスケッチしている様子が掲載されています。

2011年5月、CBCラジオ。番組では、Urban Sketchersの特派員オマール・ジャラミロがニューファンドランド周辺をスケッチしている様子を中心に紹介しています。

コルドバのディア(El Día de Córdoba2011年4月17日。スペインのアーバンスケッチャー特派員アルバロ・カルニセロが描いた聖週間の絵が、新聞の日曜版に掲載され話題になっています。 

ポルトガル語テレビ2011年3月10日。スペイン・マドリード、Urban Sketchersの特派員Richard Câmaraが、ドローイングやスケッチについてインタビューに答えています。 

才能をトレードする, 2011年3月18日。アーバンスケッチャーSue PownallがBlog Art Exhibitionで紹介され、Urban Sketchersについて言及するなどのインタビューが掲載されています。 

ロンドンタイムズ 2011年2月25日。アーバンスケッチャーズ特派員Katherine Tyrrellのスケッチブログについて書かれた新聞で、アーバンスケッチャーズについて言及されています。

2010

"The Art Of Urban Sketching," Slowtravelberlin.com, Germany, May 14, 2010.ベルリンのイラストレーター、ロルフ・シュレーターが、都市をスケッチすることへの情熱と、アートと場所の関係について語る。

エルパイス2010年12月29日。バレンシアで開催されたジャーナリズム会議で、Urban Sketchersの創設者Gabi CampanarioがUrban Sketchersのオンラインコミュニティについて話しています。

ディアリオ・スール

マラガで活躍するアーティストたち

ディアリオ・スール 新聞特派員のルイス・ルイスとマラガ・アーバンスケッチャーズ、2010年12月28日、スペイン・マラガ市。

イルコリエーレデラセーラ

マチタと語られる世界

イルコリエーレデラセーラ, 2010年9月24日 イタリアの新聞に、Simo Capecchi、Miguel Herranz、LapinによるTrevisoでの展示が掲載されました。 

Omar Jaramillo氏(UAE新聞にて

ライフドローイング

ナショナル オマール・ジャラミロ特派員(2010年8月24日、アラブ首長国連邦・アブダビ)。

インドネシアスケッチブック

インドネシアスケッチブック

コンパス 2010年7月25日付全国紙(インドネシア

シンガポールのスケッチブックの展示

ティオングバルの抽選会

ストレーツ・タイムズ 新聞、2010年7月5日、シンガポール

O Estado de São Paulo新聞

30カ国のデザイナーが自らの都市をサイトに掲載

Filipe Vilicic 著。 サンパウロ州2010年5月9日、ブラジル

RED_07_sketches_ingRED_07_sketches_ing2RED_07_sketches_ing3RED_07_sketches_ing4RED_07_sketches_ing5

スケッチで見る世界

Daniel Nunes Gonçalves氏とThiago Stivaletti氏によるものです。 レッドレポート2010年4月、ブラジル

エル・パイス2010年1月21日

アーバンスケッチャーの記者たちが集結

Fernando García 著。 エルパイス2010年1月21日、スペイン

アビタレデザインマガジンJAN10

描画がとても気持ちいい

Fabrizio Gallanti 著。 アビタレマガジン2010年1月10日、イタリア

ドイツ・バウツァイトゥング

市街地風景

ドイツ・バウツァイトゥング2009年12月、ドイツ

スケープマガジン

サイトレビュー

Omar Jaramillo著。 スケープマガジン2009年12月、オランダ

ドンたちの共和国

プロタゴニスティ&コーセー

レオノーラ・サルトリ著 ドンたちの共和国2009年11月28日、イタリア

ラジオ・ポポラーレ・ネットワーク 09年11月

ラジオポポラーレネットワーク

Marina PetrilloがSimo Capecchiにインタビューしています。 (音声ファイル:mp3)、2009年11月、イタリア

バンコクポスト

オンライン・アーバンスケッチャー

Ploenpote Atthakor著。 バンコクポスト2009年11月26日、タイ

ラ・バングアルディア(バルセロナ

アーバンスケッチャーズ、世界中を旅して描いた1年

Juan Manuel García 著。 ラ・バングアルディア2009年11月11日、スペイン・バルセロナ。

MyMidwest誌がUSkを特集MyMidwest誌がUSkを特集MyMidwest誌がUSkを特集MyMidwest誌がUSkを特集

引き寄せられるように

MyMidwest誌2009年11月~12月、米国

UtneReader

あなたの世界、スケッチ

ベネット・ゴードン著 ユートニー・リーダー2009年9月9日、米国。

Artists and Illustrators MagazineにロンドンのUSk特派員James Hobbsが掲載されました。

スケッチと都市

James Hobbs著、2009年8月。 アーティスト&イラストレーターズ マガジンロンドン

i Jornalポルトガル

このブログは、世界を紹介するためのブログです。

テレサ・ビザロ著、2009年8月31日。 I Jornalポルトガル

トルコのブログ「Bizibozmaz」にてUSkが紹介されました。

シェヒル・ソージュル #02: コズモポリト・ケントラー、コズモポリト・イズィムラー

Bizibozmaz2009年8月31日、トルコ・イスタンブール。

USk at Knack.be

世界よ、集え

Astrid Witebolle著。 ナック2009年8月4日、ベルギー

Anima(ls)誌。2009年7月~8月Anima(ls)誌。2009年7月~8月Anima(ls)誌。2009年7月~8月

カードゲーム

シモ・カペッキ著 雑誌「Anima(ls)2009年7-8月、イタリア

サンフランシスコ・ウィークリー・ドット・コム

サンフランシスコはスケッチ-そして、一度は、これは良いことです。

ジョー・エスケナージ著 サンフランシスコ・ウィークリー2009年2月12日、米国・サンフランシスコ。

一般紙

アーバンスケッチャーズ

ローリンダ・アルベス著 パブリカ2009年1月9日、ポルトガル・リスボン。

アーティスト・マガジン

アーバンスケッチ

アーティスト・マガジン2008年11月5日、米国

エーレンゼンフ

アーバンスケッチャーズ

エーレンゼンフ2008年11月3日、ドイツ

プレスリリースを掲載しています。

2009年12月15日 アーバンスケッチャーの育成を目的としたNPO法人を設立

2009年11月1日 アーバンスケッチャーズ、世界各地で1周年記念イベントを開催

2008年10月22日 世界の都市生活を切り取る「Urban Sketchers」ブログ

jaJA