熱気球とヴィンテージカー

土曜日の朝、家族を起こして家を出るのは、歯を抜くようなものだ。しかし、今日は例外だった。カリフォルニア州サンマルティンにある小さなボランティア運営の飛行機博物館兼修復センター「ウィングス・オブ・ヒストリーミュージアム」で、熱気球とヘリコプターに乗るために朝7時に起床しても、誰も文句を言いませんでした。気球に乗るための列に並んでいる間、私はスケッチをしていました。毎年サウスダコタからボランティアに来るという気球のパイロットに会い、ボランティア・クルーがバスケットとテザーを押さえて、乗船後の人々を乗せたり下ろしたりしているのを見届けました。[...]